読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七味をかける

日がなごろごろ

有楽町の本格焼酎祭りに行ってきた

 

 

友人Tちゃんがある日くれたチラシには、魅惑的な言葉が。

 

 f:id:nananana49:20161102220725j:image

本格焼酎祭り」 

 

というわけで昨日有楽町まで行ってきました。

 

あまり大きな規模ではないです、屋台がいくつか出ているようなかんじ。

鹿児島の焼酎ストリートと同時に有楽町でも開催、ということらしい。

鹿児島本格焼酎祭りin東京2016 – 鹿児島初!焼酎ストリート2016 | 11月1日は本格焼酎の日

 

時間も時間ですので、帰り際のサラリーマンが(おそらく呑んべえのサラリーマンが)増えて賑やかになっていく。

 

受付で500円支払うと5杯分試飲できる券と駄菓子、水を貰える。ヤッタ〜〜!

 

ちなみに水はこちらです。

 

財宝 天然 アルカリ 温泉水 500ml×25本

「3万年前の水」。強そうだね。

 

駄菓子は秒でなくなりました。

 

 

屋台には焼酎と販売員のおじちゃんがずらりと並んでいる。おじちゃんにどんな焼酎が好きなのと追及され、とりあえずはにかんでおいた。目は泳いでいる。

あんまり知らないのはちょっとはずかしかったので後で調べます。

 

飲んだ5杯はこいつらだ。

 

■蔵の神

 芋焼酎。口当たりがよい、飲みやすい。優しい味だと思います。

 

■海童 栗黄金

 芋焼酎。食用としてもおいしい、栗黄金を使っているそうな。匂いがよく、個人的にとても好きです。

(これを検索したらヒットした、河童の誘い水っていう焼酎も気になる)。

 

■海亀の独り言

 黒糖焼酎。ブースには芋、麦、黒糖焼酎があったのですが、黒糖焼酎を今まであまり飲んで来なかったので新鮮でした。

甘いけれども苦味も。

 

■大海特選黒麹原酒

芋焼酎。甘くて割とガツンとくる、とおもったら37度、しかも原酒なんですね。そりゃそうだ。

 

■枕崎

 芋焼酎。最後をしめくくるのにふさわしい感じ。しっかりと芋らしさのある味(などといっているもののだいぶ酔っていたので自信はない)。

  

 注いでくれる量ははっきり決まってないようで、注いでくれる人の気分次第なところがあり、ギリギリを攻めてくるファンキーな方も。お湯割りにもしてくれるので、とてもありがたい(よくよく考えたら焼酎ストレートってキッッッツイよね…)。

f:id:nananana49:20161102220911j:image

  

500円でこれだけ飲めるならめちゃくちゃお得では?

全部で飲めるのは69銘柄、5杯を選ぶのは至難の技だけど(そして飲みまくるほどに酒に強くはないのでさらに至難の技)。

 

f:id:nananana49:20161102220932j:image

向かい側のブースでは実際試飲した銘柄などを購入できる。これも楽しみにしていました。

私は海童を、連れてったMくんは一村を購入(これも美味しいです。奄美黒糖焼酎。すごい好き)。 

左に写ってるのはオマケ。

 

とても楽しかったです。

 

f:id:nananana49:20161102220952j:image

ちなみに結局有楽町でさらに飲んで帰った。いい町だ〜〜〜〜(単純)。

 

おやすみなさい。