七味をかける

日がなごろごろ

個人的おすすめグルメ漫画10選


ごはんが好きなのでついついごはんものの漫画とか小説とか雑誌とかを買ってしまうのですが、個人的オススメメモ。漫画編。



◼︎ごはんのおとも(たな)

ごはんのおとも


ごはんとそれに伴う群像劇。
ほのぼのしたり、ほろっときたり。
なんとな〜〜く別の話と別の話がリンクしているので、あ!あそこにあの子が!というのも楽しみ。
ごはんのお供、という名の通り家庭料理が中心で、エピソードも相まっておうちのごはんが一番!みたいな気持ちになります。
そぼろ、きんぴら、おにぎり…。
フルカラーでどれも美味しそうに見えて本当にお腹が空く…。各話ごとにレシピがついてるので実際作りたくなるよ!



◼︎山と食欲と私信濃川 日出雄)

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)


山に登り飯を食う、単独登山女子、鮎美ちゃん(27歳 会社員)の話(くらげバンチで連載中)。
色んな山を登りつつ〜アウトドアならではのごはんを作りつつ(故に結構ジャンキーだったりする)〜アラサーなりに色々考えたりしつつ〜って感じですかね。
ゆるゆるっと、淡々としてて、人生とは…みたいな。
わりと特色豊かなキャラが出てくる(1回きりの人も多い)。それも登山の特色って感じなのかな、一期一会感というか。



◼︎いつかティファニーで朝食を(マキ ヒロチ)

いつかティファニーで朝食を 1巻 (バンチコミックス)


外食がわりとメイン。おしゃれかよ〜〜。実際にあるお店をとりあげてるので行きたくなるよ!
そういう点ではちょっと観光情報的かも。
スカイツリーでイベントやってたりしましたね、確か。
OL麻里子とその周りの人々の美味しそうな朝食と、それから人間ドラマ。
わりと内面を掘り下げていくので、たまにぐさっとくる。
スピンオフ作品の「創太郎出張ぼっちめし」も好きです、こっちはサラリーマンのランチがメイン。



◼︎ホクサイと飯さえあれば(鈴木 小波

ホクサイと飯さえあれば(1) (ヤングマガジンコミックス)


美大生ブンとぬいぐるみのホクサイが繰り広げる日常系ごはん漫画。
「食べる」ところではなく、「食べるまで」のワクワク感がメイン。
全体的に楽しそう。なんかちょっとテンション上がった時の奇行、わかる、やってしまう。
地味にドヤ顔がみんな可愛い。
ごはんが作りたくなる漫画。ルパンのミートボールスパゲティ、アップルパイ、パフェ、「作ってみたい」が詰まってます。
上白石萌音ちゃん主演でドラマ化したんですね、知らんかった。



◼︎だがしかし(コトヤマ

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)


駄菓子の豆知識とハイテンションギャグと時々シリアス漫画。
ブコメパートはニヤニヤしちゃうね。
悪ノリがよく起こる漫画ですが、童心って感じですね。放課後なんだか集まっちゃう小学生みたいな。よき。
あと…あと…ほたるさんの胸と脇と…サヤちゃんの足と三白眼と………毎回の扉絵の破壊力……。
コトヤマさんのツイッタの女の子かわいすぎない?
新キャラもスーツでたまらんですね。
私の好きな駄菓子はやっぱりポテトフライ〜〜〜〜!



◼︎紺田照の合法レシピ(馬田 イスケ)

紺田照の合法レシピ(1) (月刊少年マガジンコミックス)


友達んちで読んだシリーズ①

ヤのつく道を行く高校生、紺田照くん(高校生にはとてもみえない)(いかつい)の独自の視点のグルメ漫画。結構創作料理的なものが多い。
大葉は合法ハーブ、レンコンは野菜界のリボルバーパワーワードが多すぎる(カチコミだぜ)………。
両立しているのが意味がわからない、面白い。
無表情なようで、野心家というか、実験的で肝が据わってるんですよね、紺田くんて。


クックパッドに公式ページがあって笑うよ
紺田照の合法レシピの公式キッチン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが263万品

◼︎頂き!成り上がり飯(奥嶋 ひろまさ)

頂き!成り上がり飯(1)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)


友達んちで読んだシリーズ②

俺はヤンキーのママになる(そのままの意味です)!
ヤンキー+グルメ漫画。不良のドンを目指すというのはヤンキー漫画特有の感覚だと思うんですけど、
制覇するのにごはんを用いるって北風に太陽的思想だよなあ。
倒すっていうより包み込むっていうか。
わりと作ってる料理は普通のものが多い、故に、おふくろの料理感があるんですね、お願いだ、ママになってくれ……、私にもお弁当を作ってくれ…!



◼︎とんかつDJアゲ太郎(小山 ゆうじろう/イーピャオ)

とんかつDJアゲ太郎 1 (ジャンプコミックス)


ひょっとしてとんかつとDJって一緒なのか!?
と、とんかつ屋の息子揚太郎はある日偶然入ったクラブで閃き、とんかつ屋とDJの両立を目指す…。
出オチかと思ったら友情努力勝利を地でいく王道少年漫画なので読んで…(ジャンプ+で連載中)。
でもなんかふとした拍子でいまでもシュールだなって笑っちゃう時がある…好き…めっちゃ好き…。
こじつけ!?うるせえ、面白ければいいんだよ!
ヘタウマなようで、キャラに個性があっていいよね、グッズめっちゃ欲しい…揚太郎のキャップ欲しい…。とんかつ食べてぇ…。


↓あとこれすごいお腹減るし面白いから見て

TONE-CUTS GROOVE PROJECT -リアルとんかつDJアゲ太郎- - YouTube



◼︎ダンジョン飯(九井 諒子)

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)


ダンジョンを攻略しつつ、定番ファンタジー(RPG?)に出てくる魔物、敵、を倒しそして食う漫画。
マジで調理するので普通に美味しそうで困る(マンドラゴラのオムレツ食べたい)。
ニコニコとかネットには再現してる人がいるのでその逆輸入も面白いな〜〜って思う。
なんていうかある意味ギリギリのものを食べているのでブラックジョークなところがあり、ふふっと笑えます。
分析的で、図鑑とか解説本感もある。攻略本のモンスターのとこ読み込まない?そんな感じ。
九井諒子さんは短編集とかも、星新一ショートショートに近いというか、発想の転換!みたいなものがあって面白いです。



◼︎ゴールデンカムイ(野田 サトル)

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


アクションシュールギャググルメ歴史漫画(人に説明するとき大体こういう)。
隠されたアイヌの金塊を探し、その謎を追う、不死身の杉本とアイヌの少女アシリパを軸に展開する漫画。
話の展開がわりと早いと思うんですが、その中で唐突にシリアスになるし唐突にギャグになるし、唐突にグルメパートになるし、白石の乱用は許されない。おもしろい。すごい背景知識というか下調べされて描かれてるとこもすごいよな〜〜と思う。
ウサギもシカもクマもリスもみんな友達なんだ〜〜(ごはんのおとも的意味で)。
ヤベエ奴がめちゃくちゃ出てくる漫画で、結構出てくる二つ名とかもわりとワクワクする要因かな〜〜!と思います。



以上だ〜〜!どれも好きだ〜〜!
いやあの、ワカコ酒とか忘却のサチコとかくーねるまるたとかハクメイとミコチとかっていうか甘々と稲妻とか(紬ちゃんマジかわいい)!?好きなんですけどどれもちゃんと最新刊まで読めてないので…自重…しました…あ、最近読んだんですけどACCAに出てくるごはんもわりとイイヨネ。
グルメというにはわりと包括しすぎかなって思うけどごはんって結構重要なモチーフかなとも考えたり。銀の匙にでてくるごはんもいいしな〜〜ていうかそんなこと言ったら漫画じゃないけどジブリ作品のごはんとかめっちゃおいしそうだしな〜〜〜〜。
世にはグルメが飽和している…




お腹減りました。以上。