七味をかける

日がなごろごろ

恋愛って必要なのか


オタクほど疑問を持ちがちな気がする。



単純に私の友達がほとんどオタクということもあるけど、それにしたってわりと考えるべきテーマだと思っている。



まず第一に、恋愛をしたほうが社会的・生物的に「ふつう」に属することができるので、多くの人間は当たり前に恋愛に向かうのではないかと言える。

それは恋愛の理由を探そうとしたときに大概のひとがまず挙げるものであり、疑問を挟む余地はあんまりない。



でも無意識にその選択をしていることを考えるとそういう理由以外のこともあるのではないか。


例えば一つとして承認欲求がある。
前提条件でいった社会的な承認欲求は対外的なもので、恋人への、というよりは友達であるとか家族に対しての承認欲求だ。
これはどちらかというと、優越感だったりあるいは疎外への恐れだったりする。立場的なもの。


それで彼氏への承認欲求っていうのはアイデンティティの確認というか充足感みたいな意味合いが強い気がする。
1人で生きていくとしたら自分の考えや感情を肯定するものがない。だからそれを他人に求める。


友達で良くない?とか、男女の恋愛じゃなくても良くない?とかの疑問が今度は出てくる。
それはメチャクチャ正しい。
(同時に男女の恋愛でも別にいいよね、とも言えるけど。)


それでもやっぱり多くの人は異性間の恋愛をする。


生殖本能以外の理由を考えると、なんとなくだけど比較しやすいからかも、と思った。
相対性というか。

恋愛は個として生きる分には不必要だし、デメリットも多い。
それでも承認が必要だとすると単純に、男女のほうがわかりやすいんじゃないか。


どれだけ個体差があるといっても、同性間よりも異性間の方が差は出やすい。
まず見た目に分かりやすい。
次に性格に差がでやすい。


そうなるとわりと承認が楽だ。
はなから違っている個体に対しては人は受け入れやすい。
「女だから」「男だから」しょうがない、ということをしやすい。立ち位置が違うんだからそういう考えもあるんだなあ、となりやすい。
お互いの考えが違う形のままでも尊重することができる。

同性間だとどうしても似た者同士があつまりがちだ。
女の子の社会は特に同調圧力が強い。
これが撤廃されている友達がいれば別に彼氏はいらないんだろうと思う。友達で彼氏の機能は成立しているから。


恋人を作ることに肯定的じゃない人はきっと、そういう男女間の考えの差異が気持ち悪いって思うからじゃないかと思った。
文化が違うんだから理解できなくてもしょうがない。ジェンダーとしてみたら怒られそう。でもとりあえず現在はそういう傾向があるよね。



あともう一個、男女間の恋愛を人がする理由としては、考えることが面倒くさいからだと思う。
社会的に当たり前っていうのもあるけど、男女どちらでも愛せますってなると、フィルターをかけなきゃいけない。

いままで友達としてみてた人は本当に友達か。
同性のほうが友達はだいたい多い。
その人達を頭の隅で恋愛対象、性対象として置き換えるのって結構だるくないですか。
そういうのの防衛本能が一つあるんじゃないかと思った。

そして、同性の恋人ができたときもなかなか面倒くさい。
異性の恋人のときに気をつけるのは、異性の友達と2人きりで遊ばない、とかだ。
でも同性だったら?何に気をつければいい?
結構めんどい。嫉妬しない人間なんていないし。

それで同性の方が考え方が違ったときに逃げどころもないのもある。
「男だから」「女だから」って結構便利な言葉だ。




長々と書いたけど

①恋愛のメリットは社会的にも、生物的にも、自分の承認欲求的にもある。

②恋愛のデメリットは面倒くさいところで、異性間の方がまだ楽で、同性だともっと面倒くさい。

ということを言いたかったのでした。


別に恋愛は必要じゃないし好きにしていいと思うヨ…。








一つ愚痴を言うとカレピのはなしできないのは結構面倒くさい。
友達には友達の話していいのに友達には彼氏の話をしたら駄目な(というか気を使う)世の中、ポイズンです。
もっと楽に考えさせて〜〜〜〜
嫌味じゃないし優越感でもないから…

セクハラは相手が嫌だと思ったらセクハラなのでどうしようもないんですけどね!



以上です。

最高の1日


中学だか高校だか覚えちゃいないが、英語作文の課題のテーマで「最高の1日」というものがあった。


優秀作品の内容はあんまり覚えていない(多分寝てた)が、最高の1日とは忘れてしまうような日のことを指すのではないだろうかと思う。



今日は映画を見ることにした。しばらく寝正月で生産的なことをなにもしていなかったので。服が散らかっていたので片付ける。

1人で出かけるくせにちゃんと化粧をして、電車に乗る。微妙に9時からの回に間に合わなくて12時の回を見ることにした。それまでに喫茶店でモーニングを食べる。

映画館に高校の同級生がたぶんいたんだけど、彼氏っぽい人といたから話しかけられなかった。



ユニクロで服を買った。黒のタートルネックが毛玉だらけで、いい加減買い換えねばと思っていたから、いい機会だった。

これから友達の家に行くところだ。
あとバスの運転手さんが若めの女の人で、文庫本を読んでいてなんとなくいいなあ、と思った。




メチャメチャどうでもいい1日、たぶん忘れるんでしょうけれど、今日はなんとなく。

あるある言いたい


タイミングというものがある。


よく私は生まれたタイミングで運を使い果たした(平成7年7月7日生まれ)と言っているんですけど、
そう思うのも自分は当たりたくないタイミングで物事は当たるし、ガチャガチャで一番欲しくないものが絶対当たったりするからなんですね。
しょうもねえな、概ね幸せなんだけれども。


それは関係ないとしても、これは色んな人のあるあるだと思うんですが、何かを買ってからそれ以上良いものや、その時より安いものが見つかったりしませんか。
あの現象。


卒論終わってからドンピシャな参考文献見つかるよね、ウケる、教授教えてくれよ。責任転嫁。
学校のおすすめ図書コーナー、侮れませんね。



兎も角、その本の中にですね、物語の筋はあらかじめ決定されたものではなくてなにか行為が実現して次の行為の可能性が出現して、またその中の一つが実現することで可能性が…と展開は選択肢が実現して終了してまた可能性が出てくるという複雑な連続ね出来ているみたいな文章があるんです。


とすると、現実を舞台として捉えたら、買った後や物事が終わった後にもっと良いものが見つかるのは当然なのかもとおもいました。
失敗は成功の元であるとか言うけど、可能性が生じるのは過去の選択の結果なんでしょうね。




すっぱい葡萄的でアレですけど、卒論の後に本見つけてよかったナ〜〜と救われました、後で買おっと。

ナラトロジー入門、おもしろいよ!

今年、どうだった?


卒論という長いようで短い戦いが終わりました。



自身の至らなさに反省することしきりであった。
頭がいい気がしてるだけで全然だよ、君、勘違いだよ。

この学部じゃなかったら、なにを勉強してたんだろうと考えることもあるけど、よくよく振り返ると机上の空論めいた概念のようなものが出来ればどこでも満足したのかもしれない。



最近は卒論以外のことでいうと、電子タバコをふかしてみたり、お金がなかったり、どうぶつの森を延々とやったりしています。


あと前々から好きだった女の子のライブに行きました。
キモヲタ全開でチェキをとりました。結構恥ずかしかったです。色が白くて肌がメチャメチャ綺麗で、ちょっと挙動不審でかわいかったなー。



ともかく少年漫画でいうところの、閑話休題日常パートに入り、何もない日常サイコーという感じです。


喫茶店に作業以外の目的で久しぶりに行きました。




今年もあとすこし。

衝動2017


まだ焦っている。



バイトを辞めたら暇になって落ち着かない。
就活が終わったらやらなきゃと思うことがなくて落ち着かない。


昔高校時代に推薦が決まった後、周りが受験やらなんやらしている中でこれでいいのか、という気持ちになったのを思い出す。

特に頑張らなくったって生きていけるのだけど本当にそれは面白いのかって思ったり、でもそれはただプライドが高いからそう思うんじゃないかと考えたりする。



大学四年は大学の最後でもあり学生の最後でもある。
人生が終わるわけじゃないけど、まだ私はそういう風に「終わる」ということがいまいち実感できないでいる。


旅行は好きだけど私の逃避の手段でもあって、バイトをしてお金を貯めては旅行の計画を立てている。
次は大阪だ。


見れるものには限りがある、時間は有限、他人の処理能力と自分の処理能力には差がある、のは分かっている。
それなりに自分が恵まれているのもわかっている。

だからといって現状満足したら友人Cに顔向けができない気がする。
旅行に行くのは足掻いてるのかもしれない。もちろんただ楽しいのもあるけど。





これは大阪に行くまでの話。

そうやって8月9月やってて、気がついたらこの記事も公開しないまま大阪に行って、それはすごく楽しかったけど、反動みたいに10月何もしないでいる。



初めてこの前、ランニングをした。
前向きに運動に取り組んでいる、取り組み続けている。体育教育の敗北を感じる、集団競技なんかただの同調圧力ですよ。体重は4キロ減った。
思ってたよりも長く走れた、少し嬉しかった。



此の期に及んで週三回学校に通っている。
学費がもったいないからっていうのは言い訳で、本当にただ何かやりたかっただけな気がする。タガログ語やってるの本当によくわからないな。
マガンダ シ マリア。



バーで働き始めて2年たった。
入った時1番長くいた先輩に並んだ。似顔絵は多少上手くなったのか。おっさんあしらいは完全に上手くなった、多少落ち込む。
ご来店の際には是非ブルームーンを。



久しぶりに献血に行った。
血を抜かれながら「ポップコーンマシンいい加減部室に持ってかないと後輩に怒られるなあ」って考えた。多分献血はやり続ける気がした。
血を抜かれると健康になれる気がする。



内定式があった。
はるばる新幹線と電車を乗り継いでそこそこの田舎に行った。早起きと緊張疲れで立ったままうたた寝した。同期と完全に打ち解けるのはいつの日か。
働きたくて働きたくない。



大阪に行った。
もうすぐで10年の仲になる友達と旅行に行った。結局旅行の楽しさは時間の流れとベクトルが一緒かどうかだと思うわけです。思ったよりも2人ともご飯食べなくなったなあ、時の流れ。
ひよこと行く旅。



姉と喧嘩をした。
言い返したら大分泣きそうになっていて、なんなの、と思いました。家族じゃなかったらこの人に近寄ることはないんだろうなあと常々考える。頑張ってパラサイトシングル。
多分1番最初に私が家を出る。



また油絵を描いている。
影響されやすいんだ。何かを作る人が羨ましいのは昔からで、それを目の当たりにしてからやる気が出る。元気が出てきた。夜中にマックに行け。
発行おめでとうございます。



逆にね、美は乱調にあるし、やっぱり暴動を起こすわけよ。


思ってたよりも色々していてウケた。思ったよりも人に会っている。








大学生、結局楽しかったな。三月までこの気持ちでいるといい。


あ、卒論のアンケート、みんなよろしくたのむ。


https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdEaxz6N-ecFAfCjGex6S25kLgwBbpr65qKnRQE85vJJy4gEQ/viewform

青春18切符で旅行してきた


学生のうちにしてみたかったことの一つ、青春18切符での旅行をしてきました



以下記録

1日目(夕方から移動)
東京→宇都宮→郡山


宇都宮で餃子とビール
前来たときはビールは好きじゃなかったということを思い出し、1人ニコニコしながらのんだ


お土産に餃子ポーチを購入(ろくにものが入らない)


郡山まで移動
漫画喫茶で寝ることにした
よくよく考えてみたら漫画喫茶、行ったことないかもしれない、思ったよりも快適だけど思ったよりも漫画を読んでしまってねれなかった

カウンターのお姉さんはやたらなまっていてやたらかわいく色が白かった


2日目
郡山→仙台→作並→仙台→さくらんぼ東根


郡山では朝ごはんのためにパン屋へ



なんだか手作り感のある優しい味だった


宮城峡蒸溜所に行く。
樽から甘いお酒の匂いがしたのに感動した。


有料試飲が安くて美味しくて気がついたら2万円分の酒を購入していた(バーからの頼まれ物もあるけど)


その状態で牛タンをたべる、日本酒を飲む
恐ろしくこの日は酒を飲んでいてよく電車にちゃんと乗れたなと思う

さくらんぼ東根の宿がやたらといい匂いのシャンプー(紅茶の匂い)だった
ふとんふっかふっかでよかった


3日目
さくらんぼ東根→余目→鶴岡→新潟

ホテルで朝ごはん。
さわらが美味しかったし、看板が手作り感が溢れていてよかった。
結局ここの宿がいちばん好きだったかも


余目は乗り換え待ちで暇だったので駅前まで、結構美味しそうなものがいっぱいあった。コーヒーで休憩する。


鶴岡から加茂水族館へ!
それなりに混んでた。
けど十分見れた気がする。2周した。

クラゲめちゃくちゃ綺麗だった


館内レストランはクラゲ定食とかいろいろあったけど庄内丼をたべた、ご飯食べながら見る海は天気も良好でサイコーであった


この日は新潟まで電車に乗る。
電車に乗る醍醐味は車窓から見る景色だけど、この日の夕方から夜がいちばん綺麗だった。
海沿いという良さ…

この日は新潟駅の本がいっぱいある宿に泊まる。


4日目
新潟→十日町→まつだい→越後湯沢

この日はトリエンナーレが目的だった〜〜!
時間がギリギリすぎて本当は有名なバスカレーを食べたかったんだけど駅弁を買った、これはこれでよいものだ



けど結構力尽きていた(ていうか荷物が酒で重かった)
本当はもっと見たかったな、やっぱり車で行くべきだと思いました



この日はへぎそばをたべた
疲れ切っているところだったけど結構復活した


温泉に入って死んだように寝た



5日目
越後湯沢→長野

けっこうここは無駄遣いといえば無駄遣いだった笑
でももう切符を買うのもお金チャージするのも面倒だったし、元は取れた感あったので普通に移動した



お昼についてジャミラ(仮名)と合流して喫茶店で目玉焼きメンチカツ定食を食べた



この日は善光寺観光、結構混んでいた。
綺麗にちょうどいいバランスの観光地だと感じた、極度に観光地化されてなくてよい



6日目
長野

車借りて白馬まで〜〜!
天気はあんまり良くなかったけどよいのです


飯を食べて


ロープウェイに乗って



百合を見て(霧がですぎて事件でも起こりそうな雰囲気だった)


駐車の練習をめちゃくちゃした後にジャンプ台で記念撮影をした





書くこと多すぎるので簡略化して以上とする
箱根とか九州とか、夏満喫したのでまだまだ書きます…

ダイエットをしている


ダイエットをしている。


大ニュースである。

私は小学三年生から運動を諦めた人間である。
それまではプールに通っていた、泳ぐのは好きだった、泳ぐのぐらいしか好きじゃなかった。


生来の運動音痴もあり、運動への苦手意識はこじれにこじれていった。
さらに私の進学した中高にはプールが無かった。つらい。

集団競技ってマジでなんなの?滅ぶべきでは?





そういう訳で10年あまりそのような忌まわしきことを避けて生きてきたわけだが、私にも転機がやってきた。



恐ろしきほどの暇である。



暇は人をなにか衝動に走らせる。


本を読んでみたり絵を描いてみたり寝てみたりスマホの画面を見つめてみたりしたが、拭えぬ焦りがそこにはあった。




元来の生物としての本能がそうさせたのか、私は運動という失われた機能を取り戻そうと立ち上がったのだ。





運動し始めて20日余りがたった。



なんとくびれができた。
いや、今まで無かったのかよ、というツッコミがあるだろうが、無いもんは無かったのだ。


限りなくなだらかなラインがややなだらかなラインになったのは大方の人からは小さな一歩かもしれないが私にすれば大きな一歩なのだ。



30秒しかできなかったプランク(腕立て伏せのような姿勢をキープするもの)が2分までできるようになった、と嬉々としてバーのお客さんにいったら笑われたがいやマジでこれは感動なのである。


同時に食事メニューの記録を始め、気にしたことの無かったカロリーを目の当たりにし、驚愕したりしている。
カツカレーのカロリーの多さよ。ああカツカレー。
ご飯が大好きなので、やや修正、くらいです。制限は無理です。勘弁してください。




現在私はまだ外で運動することができていないが、
後々はプールデビューでもしたいものである。
小学三年生の時に止めたプール。


今こそ回帰の時である。



めざせ5kg減、こういうことを書くのはすごくカッコ悪いけどもでも頑張ると決めたので…




それでは。